せどり初心者向け

Amazonせどりで返品されたらどうしてる?【実体験に基づいて対応方法を解説】

 

amazonFBAを利用して中古商品を販売してるんですが返品が多いです。返品された時の対応について教えて欲しい。

 

☑記事の内容

 

・Amazonせどりにおける返品について

・Amazon返品理由の確認方法

・返品された時の対応について解説

・こんな返品は嫌だ

 

☑記事を書いている人

 

おず
おず
在宅の中古せどりで副業収入30万円のサラリーマン。せどりは自分の力で稼ぐ力が身につき、現状を変えられるビジネスであることを伝えたい人

 

Amazonせどりにおける返品について

 

解説する前の前提としてAmazonせどりにおいて返品はよくあります。

Amazonは顧客第一主義により以下の返品規定があるからですね。

 

返品・交換の条件
Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、
原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。

Amazon引用

 

出品ページでも30日間返金保証なんて書かれているのをよく見るかと思います。

 

ですのでAmazonで販売する以上一定数の返品があることは覚悟しなければなりません。

 

私のように中古をメインで扱うとなるとなおさら返品される機会は多くなるかもしれません。

 

返品に伴い悪い評価を付けられる事もあるのでなんだかんだで返品は嫌なものですね。

 

いろいろなケースで返品はあり嫌な思いをすることもあるかと思いますが、トータルで考えればAmazonで販売するメリットやはり大きいのでうまく対応して利益を積んでいきましょう。

 

Amazon返品理由の確認方法

 

返品理由についてはセラーセントラルで確認可能です。以下で確認方法を解説しますね。

 

セラーセントラルのレポートをクリックします

フルフィルメントをクリックします

返品レポートをクリックします

 

レポート期間を指定してレポートの作成をすると返品された商品の一覧を確認できます。

 

返品理由は様々ですがクリックすると詳細な返品理由を確認できますよ。

 

 

☑返品理由を確認したら情報を分析する

返品される度に返品レポートにはデータが蓄積されていきます。

ただ理由を確認するだけでなく、少しでも返品率を下げるために分析しましょう。

 

・このジャンルの商品は返品率が異様に高いから仕入れを避けようか?

・このジャンルの商品は付属品がない事で返品に繋がるケースが多いな

・破損が増えているから梱包を見直した方がいいかも

 

返品レポートから読み取れる情報から少しでも返品率を減らすことができるかもしれません。

 

返品された時の対応について解説

 

FBA出品の場合は返品された商品が販売可の状態であればAmazonで再出品されるのでそのままで問題ありません。

 

返品理由が不良であれば、返送しジャンクで販売するか廃棄をする

 

商品が不良で再販できない場合はAmazonより販売不可在庫発生の連絡がきます。

 

不良品をAmazonで販売する事はできないため、返品理由が不良によるものであった場合は返送してヤフオクやメルカリに出品して少しでも資金回収をしましょう。

 

私は中古家電をメインに扱っていますが、不良状態でも高額で販売できる商品は多いです。

 

重要なポイントとして不良になった際にどのくらいの金額で売れるのかを確認し送料や再出品の手間を考えてトータル的に判断しましょう。

 

再出品しても少額の資金回収しか見込めない場合は廃棄の選択肢を選ぶのが良いですね。ちなみに廃棄料は少額です。

 

在庫の返送/所有権の放棄(概要)
Amazonフルフィルメントセンターの在庫を返送または廃棄したい場合は、返送/所有権の放棄依頼を送信します。
返送/所有権の放棄依頼は、以下のような余剰在庫の管理に使用できます。

Amazon引用

 

☑返品商品をの対応をせずに放置はやめた方が良い理由

 

・期限内に対応しなければ廃棄されてしまう

・倉庫の保管料が発生してしまう

・資金回収が遅くなるのは良い事なし

 

以上放置しておいても何の意味もないというかロスしかないのですみやかに対応しましょうね。

 

☑不良品を返送した時に注意すべきポイント

 

返品レポートで商品不良による返品を確認し返送した場合の注意点が1つあります。

 

返送した商品の動作確認はきちんと行う事です。なぜなら不良で返品された商品も正常動作する事もあるからです。

 

購入者の申告が100%正しいわけではないですしAmazonが確認するわけではないですからね。

 

動作するしないで再販時の金額は大きく変わるケースの方が多いですから重要な事です。

 

こんな返品は嫌だ

 

トラブルや不具合による返品・交換
商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換します。

Amazon引用

 

こういったAmazonの規約があるのでAmazon返品商品のすり替えなど悪い返品もあるようです。

 

簡単に言うと販売した商品は正常動作するものであったにもかかわらずジャンク品に替えられて返品されるという事です。

 

対策としてはシリアルを記録したり写真を撮影したり商品販売前の状態をしっかりと記録しておく事ですが、なんだかこういった購入者がいることを考えると悲しくなりますね。

 

ちなみに私の最近の事例だと高額なロボット掃除機が返品になり戻った来た商品を開封すると充電器が入っていませんでした。

 

購入者にメールで連絡を試みるも返信はなし、Amazonとやり取りしましたが補填が1500円ほどでした。

 

ちなみに付属の充電器別途購入するとなると15000円くらいです。

 

返送されてからこちらで期間をあけてしまったのも良くなかったんですが、こういった納得のいかないケースはAmazonせどりを実践しているとどうしても出てくるのでうまく消化してやっていきたいところです。

 

まとめ:Amazonせどりの返品対応はすみやかに行ってトータルで利益を積み上げよう

 

繰り返しになりますがAmazonせどりを実践すると返品は必ず発生します。

 

返品が発生した時には放置せずすみやかに対応していくことで健全なストア運営ができるようになります。

 

資金回収できる場合はヤフオクやメルカリで販売すれば良いですし、労力の割に十分な資金回収ができない場合は廃棄しましょう。

 

できる限り返品を発生させないための努力はしつつ、万が一の返品時には対応をすみやかに

 

トータルで利益を積み上げるべくストア運営をしていきましょう。

 

今回は以上になります。

 

-せどり初心者向け

© 2021 ozblog Powered by AFFINGER5