中古家電せどり

中古せどりは差別化が図れる【売れる要素を最大化する】

中古せどりは差別化が大事だと聞いたことがあります。
何をどうやって差別化するんでしょう?教えて下さい.


こんな質問にお答えします。


☑記事の内容

・中古せどりは新品と違って差別化がはかれる
・良い評価を維持する重要性



☑記事を書いている人

おず ozblog 管理人
サラリーマン歴20年
完全在宅の中古家電せどりで
30万の副業収入を得ています

 

中古せどりは新品と違って差別化がはかれる

 

商品が売れる理由は何でしょうか?


新品であれば基本価格がライバルより安ければ売れると思います。


では中古はどうなのか?

中古せどりは新品と違って差別化がはかれます。それは中古のコンディションは様々だからです。

 

商品の状態、キレイなのかキズがあるのか、付属品は充実しているのか動作確認はされているのかなど

 

中古の状態は商品によってすべて違うからですね。


ネットで中古商品を購入する場合、お客さん現物を確認することができません。



お客さんがAmazonで商品を購入する際の基準は何でしょう?

☑価格

☑動作確認がされている

☑商品状態が良い

☑付属品が揃っている

☑出品者の評価が良い



このへんだと思います。


であればどうやってお客さんにそこを伝えていくか

 

ここを考えて販売にあたるのと、何も考えずとりあえず出品するのとではものすごく差がでてきます。

そういった差別化は競合が多い中でこそ威力を発揮します。

 

ライバルセラーの中から頭一つ抜け出すための戦略として学んでいきましょう。

写真で差別化をはかる

 

Amazonの中古家電販売で写真は必ず入れましょう。自分だったらどのセラーから買うでしょうか?

 

商品の状態が分からない中古商品をインターネットショップで買おうと考えた時文章のみの説明だと不安になるかと思うんです。

下記の状態だと下の3つのセラーはもはやライバルではありません。

 

それは売値を一番高い金額に合わせたとしても同様です。

 

電子レンジなんかだと庫内がキレイかどうか気になりますよね?

もしかしたら中古で商品を選ぶにあたってはほとんどのお客さんが一番気にするポイントかも知れません。


やはり食品を温めたり調理する家電製品ですからね。

こういった調理家電や肌に使うような美容機器などは、状態を気にするお客さんが多いです。

 

写真があれば状態がわかりやすいが、文章だけだとイメージが沸きずらいのでコメントのみと写真アリでは圧倒的に差が付きます。


調理家電だと炊飯器や食器洗浄機なども確実に写真あるなしで売れ行き変わります。


炊飯器なんか内釜の状態は絶対に気になりますよね。ご飯炊く訳ですから内釜にキズや剥がれがあったら美味しく炊けないですからね。


これって炊飯器購入するお客さんはだいたい分かってるわけなんでそれは状態気にしますよね。

 

写真はなくても売れる?

 

矛盾するようですが写真はなくても商品は売れます。



価格を一番重視するお客さんに買われるかもしれないし、どれも中古ならそんなに変わらないでしょといったお客さんに買われるかもしれません。



それと調理家電や美容機器のような購入者さんが状態の良さを購入理由の上位にするカテゴリーでなければ


お客さんの使いたい機能が問題なく使えれば商品は売れます。

 

それでも売れる要素を最大化するためには、やはり写真はあった方が良いですね。

 

出品コメントで差別化をはかる

 

中古家電販売における最重要項目ですね。

 

1⃣動作確認済みである
2⃣付属品は出品文にしっかりと記載する
3⃣商品状態

 

保証・配送・支払い手段等は当然記載です

30日間返金保証、送料無料でAmazonより迅速発送、各種支払いに対応

 

差別化できるのは1⃣~3⃣です



1⃣動作確認済み

 

動作確認済みだけでは弱のでレコーダーであればHDD録画/再生/DVD/Bブルーレイ再生/ダビング機能など確認済み

具体的に記載した方が安心感がでます。

ポイント

具体的に記載することで安心感を与える事ができます。

細かく書きすぎるのはNG 長々と書かれていても読まれません。コンパクトに情報をまとめましょう。



2⃣付属品の記載

写真をご参照下さいだけでは弱い

文章でしっかりと記載されている方が安心する

 


自分が購入する立場になればきっと分かります。

万が一出品商品の付属品の名称が分からなかった場合商品名(型式)説明書でググりましょう。

 

今はたいがいの説明書はネット上から簡単に見れるので便利な時代です。こういった手間を惜しまないのが大事です。


3⃣商品状態


使用感があるなら正直に記載、写真だけだとよく見ない人がいます。

出来る限り情報を購入者に伝えるために、あいまいな表現は避けるべきです。


商品状態はカテゴリーによって外観を気にしなければならない商品、気にする必要はない商品とありますが問題なく利用できることを記載して下さい。


差別化して高値売りにつなげる

 

中古は差別化ができることをお話しましたが、ここ数年で中古出品者のレベルも上がって差別化が難しくなってきています。


だからこそ写真や出品コメントに力を入れないとせっかく苦労して仕入れた商品も売れません。


また写真の掲載もなく動作に関する記載が不十分なセラーしかいない状況であれば十分に高値売りが狙っていけます。


良い評価を維持する重要性

 


中古家電販売をしていると商品の不具合で悪い評価を頂くケースも増えてきます。

 

新品をメインで販売するのと比較しても悪い評価はつきやすく評価が下がりやすいので良い評価維持していれば差別化になりますね。


売れる要素の順位的には低いと思われますが状況によっては購入するにあたってお店を選ぶ基準の1つに十分なりえます。


私は評価獲得のために新品も定期的に仕入れています。仕入れ先は楽天やYahooショッピングです。

関連記事
【初心者必見】Amazon出品者評価を増やす重要性と方法を徹底解説

続きを見る

 

まとめ:中古せどりは差別化がはかれます

 

売れる要素を最大化するため、出品コメントは手を抜かず手間を惜しまずできる限りの情報を購入者に伝える事で安心感を与えることが大切です。

 

とにかく購入者目線に立ち考えましょう。

 

それがライバルセラー以上にできれば確実に優位にたてます。

 

今回は以上になります

 

関連記事
中古せどりのおすすめジャンルを解説【仕入れるべき商品5選も公開】

続きを見る

 

-中古家電せどり

© 2021 ozblog Powered by AFFINGER5