せどり初心者向け

せどりで売れない理由と対策を実体験をもとに解説【大きな理由は2つある】

 

Amazonで商品を販売しているんですがなかなか売れずに困ってます。このままだと資金ショートしそうなので原因や対策を教えてほしいです。

 

こんな疑問にお答えします。

 

☑記事の内容

 

・Amazonせどりで商品が売れない理由

・せどりで売れない状況を改善する方法

 

おず
おず
サラリーマン歴20年になります。現在はせどりの副業収入が30万円と安定してきたので更なる収入アップを目指して活動中です。

 

Amazonせどりで商品が売れない理由

 

商品が売れない理由を挙げるとすれば基本この2つです。

 

・おそらく売れるだろうで売れない商品を仕入れている

・販売価格が適正でない

 

おそらく売れるだろうで売れない商品を仕入れている

 

利益がとれるからといって、おそらく売れるだろうと感覚で仕入れるのは危険です。

 

もちろん売れることもあるとは思いますが、売れない事の方が多いはず。私も何度も失敗しましたね~

 

なぜならデータをもとにしていないからです。

 

回転率を無視した利益重視の仕入れは不良在庫を増やします。

 

おそらく売れるだろうの仕入れを繰り返すと大変な事になるので、売上データに基づいて仕入れは行いましょう。

 

一ヶ月あれば売り切れる商品を仕入れたいところです。

 

売れたら利益が大きいからといって3ヶ月期間で数回しか売れないような商品を最初から仕入れてはいけません。

 

ロングテール商品は資金回収が遅れるので資金に余裕が出てから取り入れましょう。

 

✅仕入れてはいけない売れない商品について掘り下げます。

 

・利益はとれるがめったに売れないもの(需要が少ない物)

・需要がありよく売れる商品ではあるが競合がたくさんいるため売れずに、売れない商品になるもの

 

ですのでデルタトレーサーKeepaで仕入れ判断を行う際に波形を確認する時には競合するセラーがどれだけいるかも併せて確認が必要です。

 

波形の数だけ見ていると、こんなに売れ行きの良い商品なのにどうして売れないだろう?といった状態に陥りやすいので細かく分析して経験を積むのが良いですね。

 

私もこれだけの波形があれば一週かもあれば即売れだなんて思っていた商品が何カ月も売れないというのはかなり経験しています。

 

ほとんどのケースはライバルセラーの数が多いが原因でした。

 

売れている商品は仕入れた時点で競合が少なくても一気に増える可能性も高いです。

 

ですので仕入れする際に見るべきポイントを挙げますと

 

・売れた回数を見る

・出品者の数を見る

・出品者の強さを見る

 

3番目の出品者の強さを見る。ここまでしっかり見れるようになれば、よりリスクの少ない仕入れ判断ができるようになります。

 

出品状態をみてこのセラーはライバルとして見なくて良いから実際の競合数はこのくらい、月にこれだけ売れてるから仕入れ対象だ。

 

こんな感じで売上データや出品状況まで見て仕入れができるようになれば相当強いです。

 

売れる商品を仕入れるスキルが向上すれば当然せどりで売れないという状況は少なくなってきます。

 

ですから上記内容を考慮した上で仕入→販売を繰り返し経験を積むのが良いですよ。

 

売れる売れないは仕入れの時点でほとんど決まりますので、仕入れスキルを高めていきましょう。

 

関連記事
NEWタイプデルタトレーサーの機能と使い方【これだけ覚えれば仕入れはできる】

続きを見る

 

販売価格が適正でない

 

できるだけ高い金額で販売したい気持ちは誰にでもあるかと思います。それでも相場を考えず値付けをしていると当然売れません。

 

自分の商品を他の出品者より早く購入してもらえるようしっかりと売れる金額で出品できるよう仕入れ価格を考えることが必要になりますね。

 

ですので仕入れを失敗しないためには、データに基づいて売れる価格で販売した時に、しっかりと利益が残せるよう丁寧な仕入れをするという事です。

 

雑な仕入れをしていると売れませんし利益が残せません。仕入れ基準を明確に持つことは大事ですね。

 

関連記事
せどりの利益率の目安はどのくらい?【仕入れ基準をブラさない】

続きを見る

 

せどりで売れない状況を改善する方法

 

売れない状況を改善するための1番の方法は値段を下げる事です。

 

お客さんが商品を購入する理由の1番の選択基準はやはりいかに安く商品を購入できるかになります。

 

ですのでどうしても売れない状況に陥ってしまったのであれば、売れる金額に価格改定しましょう。

 

資金に余裕がない状態であれば値下げして資金回収するのが最良です。

 

長期間売れない状態をつくるのはキャッシュフローの悪化を招き危険です。できるだけ早い段階で手を打ちましょう。

 

関連記事
せどりで稼ぐなら損切を恐れない【資金ショートに陥らないために】

続きを見る

 

新品はもちろん中古でも価格改定のしやすいプライスターを利用すると良いです。

 

価格改定はもちろん売上管理や出品などAmazon販売に伴う時間のかかる作業を大幅に時短できます。

 

関連記事
プライスターの機能や料金を解説します【5年間利用してみた感想】

続きを見る

 

またどうしてもAmazonで売れなくなってしまったのであれば、返送してヤフオクやメルカリ等で販売し資金回収することも考えましょう。

 

売れない状態での放置は余計な手数料が発生しますし良い事はありません。

 

売れない状況に陥ってしまう原因はいろんな要素がありますが1番の原因はそもそも仕入れを失敗したという事なのでしっかりと利益を残すために仕入れ基準をブラさずにいきましょう。

 

売れる要素を最大化するために

 

私は中古セラーなので中古出品をする上でのポイントを解説します。

 

・出品コンディションは良い以上で出品

・写真を取り出品コメントにこだわる

・ストア評価を高める

 

出品コンディションは良い以上で出品

 

中古のコンディションで可は売れません。Amazonでは状態の良い商品を求められるお客さんが多いからです。

 

売れ行きにかなりの影響を及ぼすショッピングカートボックスは可のコンディションではほとんどとれません。

 

必ず良い以上のコンディションで出品できる商品を仕入れましょう。

 

写真を取り出品コメントにこだわる

 

中古販売の肝は差別化にあります。

 

写真を掲載する、出品コメントを丁寧に記載することで

→購入者の不安を取り除く事ができます

 

購入者目線に立って販売する事はものすごく重要になります。

 

ストア評価を高める

 

Amazon販売をする上でストア評価は高いに越したことはありません。

 

ストア評価が低いと売上に影響を与える可能性もあるのでできる限り良い評価を増やしたいところです。

 

関連記事
【初心者必見】Amazon出品者評価を増やす重要性と方法を徹底解説

続きを見る

 

まとめ:せどりで売れないをなくすためには仕入れスキルを高めていこう

 

せどりで売れないのはモチベーションが下がりますし、売れなければそもそもせどりで稼ぐ事はできません。

 

しっかりと対策してせどりで売れない状況に陥らないように実践していきましょう。

 

売れない理由をなくすには

売れるかどうかは仕入れの時点で決まる

データに基づいて仕入れをする

競合セラーの顔ぶれを加味して仕入れをする

ツールを利用し長期間売れない状態をつくらない

どのセラーより早く売れるよう売れる要素を最大化しよう

 

今回は以上になります。

 

関連記事
せどり初心者が知っておきたい稼ぐための情報を解説します【これで万全】

続きを見る

 

関連記事
電脳せどりで稼ぐためのツール3選【ネット仕入れにおすすめ2021年度版】

続きを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-せどり初心者向け

© 2021 ozblog Powered by AFFINGER5